エマニュエル・ヤーブローが死去…総合格闘技の初期に活躍 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

エマニュエル・ヤーブローが死去…総合格闘技の初期に活躍

UFC3やPRIDE3などに出場し、総合格闘技創成期に活躍したエマニュエル・ヤーブローが、12月21日に51歳で亡くなっていたことが分かった。22日にUFCが発表した。

スポーツ 短信
訃報 イメージ
  • 訃報 イメージ
UFC3やPRIDE3などに出場し、総合格闘技創成期に活躍したエマニュエル・ヤーブローが、12月21日に51歳で亡くなっていたことが分かった。22日にUFCが発表した。

ヤーブロ―は身長2メートル3センチ、300キロを超える巨体を生かし世界相撲選手権大会無差別級で優勝。当時『世界一巨大な相撲取り』としても話題を呼んだ。

UFC3ではキース・ハックニーと対戦し、1ラウンド1分59秒で敗れた。当時のUFCはグローブの着用も義務づけられておらず、イベント形式もワンデイトーナメントの時代。総合格闘技がヴァーリ・トゥード(何でもあり)だったころ、ヤーブロ―はその巨体で大きな印象を残した。

引退後は俳優としても活動していた。

今回の報せに往時を知る格闘技ファンからは、「ご冥福をお祈りします」「嘘だろ!」「懐かしい記憶が一気によみがえってきた」「本当に?まだ早すぎる」「なんてことだ!彼は相撲のチャンピオンというだけでなく、本物の紳士でもあった」などの反応が集まっている。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top