UFCフェザー級新王者コナー・マクレガー、2階級制覇も視野に「やると言ったことは、やる」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

UFCフェザー級新王者コナー・マクレガー、2階級制覇も視野に「やると言ったことは、やる」

スポーツ 選手

コナー・マクレガー 参考画像(2015年12月12日)
  • コナー・マクレガー 参考画像(2015年12月12日)
  • コナー・マクレガー 参考画像(2015年12月12日)
  • コナー・マクレガー 参考画像(2015年12月12日)
UFCフェザー級新王者コナー・マクレガーが、「今後ライト級での2階級制覇も視野に入れていると語った」とDaily Mailが伝えた。

マクレガーは、「ひとつだけ絶対に起こらないと言えることは、仮にライト級で試合をしても、ベルトは明け渡さない。そんなことにはならない。片方の肩にひとつずつベルトをかける」と発言。

「私が世界王者だ。そしてこの階級は私の階級なのだから、フェザー級から永久に離れることは考えなかった」

「コンテンダーが多いのなら、私がライト級のベルトを取りに階級を上げている間に戦わせて、誰かひとり決めておけばいい。そうしたら階級を下げて、その挑戦者と戦う。そしてライト級の挑戦者が決まれば、また階級を上げて相手をする」

「以前所属していた団体でやったことと同じことをできればと思っている。2試合連続して2階級の世界王者になる。やると言ったことは、やる」

マクレガーは、UFCに参戦する前に契約していたCWFC(Cage Warriors Fighting Championship)でフェザー級王座を奪取した次の試合でライト級王座を獲得し、2階級制覇を果たしている。
《》

編集部おすすめの記事

page top