イタリアの奇策で論争勃発、イングランドのジョーンズHCは不快感「ラグビーではない」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

イタリアの奇策で論争勃発、イングランドのジョーンズHCは不快感「ラグビーではない」

スポーツ 短信
イングランド対イタリア ラグビー欧州6ヶ国対抗戦『シックス・ネーションズ』(2017年2月26日)
  • イングランド対イタリア ラグビー欧州6ヶ国対抗戦『シックス・ネーションズ』(2017年2月26日)
  • イングランド対イタリア ラグビー欧州6ヶ国対抗戦『シックス・ネーションズ』(2017年2月26日)
  • イングランド対イタリア ラグビー欧州6ヶ国対抗戦『シックス・ネーションズ』(2017年2月26日)
  • エディー・ジョーンズ 参考画像(2016年6月25日)
ラグビーの欧州6ヶ国対抗戦『シックス・ネーションズ』第3節が2月26日に行われ、イングランド代表がイタリア代表に36-15で勝利した。最終スコアでは大きな差がついたものの、この試合ではイタリアの奇策がイングランドを苦しめた。

この日のイタリアが見せたのはディフェンス時にタックラーのあと、本来ならサポートに入るはずの選手たちが参加せず、ラックを形成しないことによりオフサイドラインも生じさせないというものだった。このため本来であれば反則を取られるはずの位置に、イタリアの選手たちは堂々と入って行けた。


イタリアの奇襲戦法に戸惑ったイングランドは反則やミスも多く、なかなか格下の相手を引き離せない。試合終盤に積極的な選手交代で流れを引き寄せ最終的には勝利、ボーナスポイントも獲得したがイングランドのエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)は試合後、「あれはラグビーではない」と会見で不快感を示した。

「あれがラグビーなら私は引退する。ラグビーでハーフバックがパスをすることができなければ、何かがおかしいはずだ。パスをしようとしたら、そこにいるのは相手選手なわけだからね。もっと早く対応できたか?そうかもしれないが困難なことだ。レフェリーも困惑していた。難しい状況だったと思う。急に何でもありになった。ラックが存在しなかった。試合中にラックを作ることがなくなったんだ」

ボールの奪い合いこそがラグビーの根幹だと話すジョーンズHC。ラグビー以外のものを見せられた観客は、チケット代の返金を求めるべきだと呆れたように語った。

対するイタリアのコナー・オシェアHCは急な思いつきではなく、勝つために準備してきた作戦だと反論。過去の試合で似たようなやり方を見たことがあると実例を交えて解説し、イタリアだけが批判される謂われはないとした。

「前日にレフェリーと話をしていた。我々がどういうアプローチを試みるか伝えたんだ。選手たちのことをとても誇りに思う」

あくまでも大会には勝つために参加していると話すオシェアHC。格上のイングランドに勝つためには、イタリアのラグビーを変えなければならないと必要性を訴えた。

「何か違うことを試そうとしているのにさせてもらえない。この手の批判や非難にはうんざりだ」
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top