前回王者イングランドが大苦戦も勝利、シックス・ネーションズ開幕 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

前回王者イングランドが大苦戦も勝利、シックス・ネーションズ開幕

スポーツ 短信
ラグビー「シックス・ネーションズ」イングランド代表対フランス代表(2017年2月4日)
  • ラグビー「シックス・ネーションズ」イングランド代表対フランス代表(2017年2月4日)
  • ラグビー「シックス・ネーションズ」イングランド代表対フランス代表(2017年2月4日)
ラグビーの欧州6ヶ国対抗戦『シックス・ネーションズ』が2月4日に開幕し、前回王者のイングランド代表はフランス代表と対戦して19-16で勝利した。

エディ・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)就任から好調が続くイングランド。この試合でも有利を予想する声は多かったが、始まってみると選手たちのパフォーマンスが上がらない。フランスに試合を支配される時間が長く続いた。

それでも9-9で前半を折り返し、後半30分に奪った逆転トライで勝利したイングランド。試合後の会見でジョーンズHCは、「良いプレーができないときでも、勝つことができるのは良いことだ」と笑顔で語った。

「我々のプレーは良くなかった。責任は私にある。十分に良い準備ができていなかった。週末に向けてやるべきことは多い。ウェールズ戦では大幅に改善できるよう努めたい」

ファンに満足してもらえる戦いぶりではなかったと認めるジョーンズHCだが、そんな状況でも勝ちきれたことには満足した。

「それでも4ポイントを獲得できたことは嬉しく思っている。必ず勝てると思っていた。酷いプレーをしていると思ったが、それでも必ず勝つと思っていた。それがこの選手たちの良いところだ。決して諦めない姿勢がある」

次の試合に向けては課題の多さを挙げながら、ユーモアを交える余裕も見せた。

「走るラインが間違っている選手もいた。ラインアウトの練習をしていないかのようだった。こういうこともあるが乗り越えたい。コーチのスティーブは大変だ。彼の髪の毛はもうあまり残っていない。すぐに私より酷くなるだろうね」
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top