200m平泳ぎ世界記録の渡辺一平、100mは「すべて強化が必要」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

200m平泳ぎ世界記録の渡辺一平、100mは「すべて強化が必要」

スポーツ 選手
第33回コナミオープンに出場した渡辺一平(2017年2月19日)
  • 第33回コナミオープンに出場した渡辺一平(2017年2月19日)
  • 第33回コナミオープンに出場した渡辺一平(2017年2月19日)
  • 第33回コナミオープンに出場した渡辺一平(2017年2月19日)
1月に男子200m平泳ぎで世界新記録を樹立した渡辺一平(早稲田大学)。2月19日・20日に東京辰巳国際水泳場で開催された第33回コナミオープン水泳競技大会に出場し、今後について語った。

20日は100m自由形、100m平泳ぎ、200m個人メドレーにエントリーした渡辺。100m自由形は予選11位で決勝は逃したが、100m平泳ぎと200m個人メドレーは満足のいく結果を得られた。

渡辺一平選手(早稲田大学)

100m平泳ぎは目標としていた59秒台となる59秒99で優勝。200m個人メドレーは2分00分62で3位に入り、「0.1というわずかなタイムだが自己新記録を更新できた」と頬をゆるませた。得意とするのは平泳ぎだが、練習の一環として個人メドレーなどに参加した。

好調の要因に早稲田大学の先輩・坂井聖人らとの練習を挙げ、競い合う仲間がいることで「手を抜くことなくずっと練習している。それがタイムにつながっていると感じる」と話す。200m平泳ぎでは世界新記録保持者となった渡辺だが、100m平泳ぎでは世界との壁を感じている。

「(世界記録保持者の)アダム・ピーティー選手(英国)は57秒1というとんでもない記録で泳いでいて、2秒8ぐらい離されている。(自分と比べて)前半で1秒5、後半で1秒3くらい離されているので、100mに関してはすべて強化が必要」

20日の100m平泳ぎではスタートのちょっとした失敗やターンでの浮上時の焦りがタイムロスにつながったと分析し、今後の課題とする。

渡辺一平選手(早稲田大学)

4月に行われる日本選手権では100mと200mの平泳ぎで出場予定。だが両種目の開催日程に開きがあるため、個人メドレー出場の可能性も「代表を狙うわけではないが調整をしている時期なので、自己ベスト更新を目標に何かしら出たい」と示唆した。今後はメキシコで高地合宿を行う。
《五味渕秀行》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top