羽生結弦を支えたのはデジモンの曲!「向かい風の中を飛んで行くようなイメージ」…TOKYO FM | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

羽生結弦を支えたのはデジモンの曲!「向かい風の中を飛んで行くようなイメージ」…TOKYO FM

スポーツ 選手
TOKYO FMは、フィギュアスケート男子で金メダルを獲得した羽生結弦が、試合前に聴いたり心の支えとしていた曲「ベスト3」をメダル獲得後のコメントとともに独占放送した。

同局では、アスリートに独自取材した試合前に聴く曲や心の支えとしている曲「Cheer up SONGS」を放送する企画「アスリートたちのCheer up SONGS」を実施している。その中で、羽生がCheer up SONGS ベスト3として選んだ和田光司「風 ~re-fly ver.~」、BUMP OF CHICKEN「夢の飼い主」、阿部真央「戦いは終わらない」をオンエアした。

「戦いは終わらない」を3位に選んだ羽生は、「自分自身を鼓舞してくれる、自分自身を代弁してくれるような曲」とコメント。

全曲そらで歌えるくらい好きだというBUMP OF CHICKENの「夢の飼い主」は2位に挙げ、「今回は夢の舞台ということもありましたし、この曲の主人公がだんだん夢に味付けをしていってしまって……その感じがちょっと自分にもあって。ずーっと自分で「これが夢だ!」と思っていたからこそ、いつのまにか純粋な気持ちを忘れてしまってたな、ということを思い返すことができた曲です」と話した。

1位には「風 ~re-fly ver.~」を選び、「和田光司さんは(亡くなって)もういらっしゃらないんですけど、もともと僕はデジモンが好きで、デジモンの曲です。翼とか風とか、向かい風の中を飛んで行くような、そんなイメージが強くある曲。和田光司さんも(天の)上から見ていただけていたらな、と思いました」とコメントした。

フィギュアスケート男子で銀メダルを獲得した宇野昌磨は、Cheer up SONGとしてRADWIMPSの「前前前世」を挙げた。TOKYO FMでは、平日の生ワイド番組を中心に、47選手に取材した「Cheer up SONGS」を随時オンエアしていく。
《美坂柚木》

まとめ

スポーツ アクセスランキング

  1. 元・新体操日本代表の畠山愛理、新体操とボディペイントを組み合わせた撮影に挑戦

    元・新体操日本代表の畠山愛理、新体操とボディペイントを組み合わせた撮影に挑戦

  2. クリスティアーノ・ロナウドが酒、タバコをやらず、身体に刺青を入れない理由

    クリスティアーノ・ロナウドが酒、タバコをやらず、身体に刺青を入れない理由

  3. 「投げない」「下に置く」 オズナが明かす「イチローバット」使用時の注意点

    「投げない」「下に置く」 オズナが明かす「イチローバット」使用時の注意点

  4. 本田圭佑が語る「夢」と「目標」の違いとは?…「夢を持つことが出来れば世界はもっと素晴らしくなる」

  5. 平野美宇、ラリー勝負で圧倒し相手を翻弄 シンガポール選手に圧巻ストレートで2回戦進出【WTTコンテンダー太原】

  6. 第1シードの早田ひな、張本智和は中国勢不在のなか優勝なるか 張本美和、平野美宇、戸上隼輔らパリ五輪メンバーが参戦【WTTコンテンダー ザグレブ】

  7. レスター・岡崎慎司、ゲームFIFA18の「TOTW」に!能力値はこんなことに

  8. マラソン直前には何を食べたらいいの?高橋尚子「力うどんをおかずにご飯を食べます」

  9. コービーの両親、息子のラストゲームを会場で観戦せず?

  10. 野球部経験者なら思わず笑ってしまう64の『野球部あるある』

アクセスランキングをもっと見る

page top