ダウンヒルシリーズ2016シーズン最終戦…井手川直樹が優勝、年間チャンピオンに | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ダウンヒルシリーズ2016シーズン最終戦…井手川直樹が優勝、年間チャンピオンに

スポーツ 短信
井手川直樹
  • 井手川直樹
  • 雨の記録
  • 阿藤ひろし
  • エリート優勝者 はまちひさし
  • 井手川直樹
  • 女子 優勝者
  • 女子 優勝者
  • 表彰台 KONAプロセス
1月28日~29日、宮崎県国富町法華嶽でマウンテンバイククダウンヒルシリーズ第7戦が開催された。

決勝当日、午前より断続的に雨が振り、雨粒は次第に大きくなる。雨が振り始めた当初、すぐ止むかのように思えたが、天候は悪くなる一方。

路面は前日の乾燥した状態から、泥状に変わった。路面の状態の変化にプロクラスのライダーはドライ用タイヤからマッド用タイヤへ変更、レース開始直前まで入念にチェックしながら試走する姿が見られた。

雨天でも白熱する会場
(c) 上水流晋


バイクコントロールを必死にするライダー
(c) 上水流晋


迎えた一本勝負の決勝、出走順最初のエリートクラスのライダーたちは泥状の路面に翻弄され転倒が相次ぐ。ライダーのなかでもプロと互角に走るほどのライダーたちでさえ太刀打ちのできない法華嶽の路面。雨天で難易度がさらにあがり転倒が相次いだ。

攻めないとタイムは伸びない、攻めると即座に転倒するのがマウンテンバイクダウンヒル。好天時のドライの状態でも、一か八かの攻めは難しい。

雨天になると、バイクのコントロールを維持することすら難しい。エキスパートクラス、スポーツクラス、各クラスのダウンヒルを週末に楽しんでる熱心なライダーでも法華嶽の路面は寄せ付けない。

渡辺織枝選手
(c)上水流晋


しかし、女子クラスでは北海道から参戦した渡邉織枝選手(札幌かえる庭園)、「北海道でダウンヒルシリーズを開催してもらいたい。」「北海道にもMTBの競技者は存在する。コースもある。」と語るMTBに熱い思いを持った女性が遠方宮崎で強さを見せる。彼女のプロ顔負けの走りに駆けつけたギャラリーは興奮する。表彰台では「北海道で!」と熱く語る姿もあった。

山桜が咲くゲレンデへ飛び込むライダー
(c) 上水流晋


是が非でも結果が欲しい浦上は1:22,951を出し暫定一位に躍り出る。九州ラウンドで浦上自身初勝利なるか?と思われたものの、井手川直樹はそれを許さない。スタート直後のシングルトラックセクション(タイヤ幅が一本の幅の森の中のセクション)、ゲレンデの滑りやすいセクション、ゴール直前のオフキャンバーセクション、全セクションノーミスでゴール。

トップタイム1:22,464を刻み見事優勝。悪天候でもベテランの強さを観て他を圧倒した。更に今回の優勝で井手川はダウンヒルシリーズ年間チャンピオンに輝いた。

井手川直樹
(c) 上水流晋


濡れた芝の上でも確実にタイヤの接地をする井手川直樹
(c)上水流晋


井手川直樹 レース後コメント
「今回の優勝、年間チャンピオン、雨のなかでしたが勝てて嬉しい。何事も続けていればいいことあります!今年度のレースは今回が最後ですが、来季のダウンヒルシリーズでもいい結果を残せるよう励みます。」

表彰台
(c) 上水流晋


プロクラス男子 
1位 井手川直樹 AKIFACTORY/STRIDER 1:22.464
2位 浦上太郎  Transition Airlines/Cleat 1:22.951
3位 阿藤 寛  AcciarponeBikes   1:25.828

エリート女子
1位 渡邉織枝  札幌かえる庭園   1:48.325
2位 富田敬子  AcciarponeBikes 1:55.706
3位 川述サオリ           2:05.571

ダウンヒルシリーズ2016年度シーズンは宮崎法華嶽で終了。来季のレースカレンダーは未発表だが、北海道からの参戦のライダー数名参加もあり、レース最後には北海道開催の期待の声も多くあがった。来季も熱いダウンヒルレースが開催されることを期待したい。
《上水流晋》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top