【THE SPIKE】侍ジャパン、熾烈を極める正二塁手争い…WBCへ向けて | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【THE SPIKE】侍ジャパン、熾烈を極める正二塁手争い…WBCへ向けて

オピニオン コラム
山田哲人 参考画像(2015年11月8日)
  • 山田哲人 参考画像(2015年11月8日)
  • 菊池涼介(2014年11月18日)
  • 中田翔 参考画像(2015年11月21日)
  • 内川聖一 参考画像(2014年11月12日)
  • 侍ジャパンの小久保裕紀監督 参考画像(2015年11月21日)
今季のプロ野球はレギュラーシーズンが全日程を終了し、後はクライマックスシリーズと日本シリーズを残すのみとなった。

11月には野球日本代表「侍ジャパン」の強化試合が開催される。世界王者奪回が宿命づけられた第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向け、残された時間は少ない。侍ジャパンの選手選考も兼ねた強化試合を迎えるが、今回は内野手をテーマとし、熾烈なレギュラー争いが予想される二塁手を中心に考察してみる。

■正二塁手は山田哲人か

侍ジャパンの正二塁手といえば、もはや山田哲人(ヤクルト)というイメージが強い。プレミア12でも全試合で正二塁手で出場し、打線の中ではつなぎ役に徹した三番に座り、3位決定戦では2本塁打を放つなど一定の活躍を見せた。また、今季は日本プロ野球史上前人未踏の2年連続トリプルスリーを達成した。

しかし、正二塁手候補は山田だけではない。2015年の不振から脱却し、広島の25年ぶりの優勝に大きく貢献した球界ナンバーワンとも言われる守備力を誇る菊池涼介が存在感を発揮した。課題だった打撃も今季は成績が飛躍的に向上。山田ともどもシーズン終盤には調子を落としていたが、山田と並んで正二塁手の有力候補に返り咲いたのは間違いない。

そして、もうひとり。山田や菊池に負けずとも劣らない成績を残した大型二塁手が浅村栄斗(西武)だ。かつての打点王は今季、打撃の各部門でハイレベルな数字を残し、課題だった二塁の守備力もアップ。思い切りのいいスイングと勝負強いバッティングが魅力だ。

3選手の今季の成績は以下の通り。

山田哲人(ヤクルト)打率.304/本塁打38/打点102/盗塁30
菊池涼介(広島)打率.315/本塁打13/打点56/盗塁13
浅村栄斗(西武)打率.310/本塁打24/打点82/盗塁8

小久保裕紀監督がどういった野球を目指し、どういったオーダーを組むかにもよるが、菊池は今季、23個の犠打を決めている。山田はチームで主軸を打っている兼ね合いもあるが犠打数は0、浅村の犠打数は3。

初見の投手が相手となり、また、決勝ラウンドに勝ち進んだ場合には、米国の広い球場が舞台となり一発の計算が難しい。つまり1点を確実に取りに行く野球において、バントを得意とする菊池という選択肢も魅力的だ。また、球際の強さや送球の精度はもちろん、驚異的な守備範囲、流れるようなプレーは攻撃への良いリズムをもたらし、ゲームの流れを作るだろう。

小久保裕紀監督率いる侍ジャパン (c) Getty Images

【次ページ 内野陣に安定をもたらすベテラン】
《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top