【THE REAL】FC東京のマルチプレーヤー・橋本拳人が抱く夢と熊本への想い…リオの舞台で一人5役を | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【THE REAL】FC東京のマルチプレーヤー・橋本拳人が抱く夢と熊本への想い…リオの舞台で一人5役を

オピニオン コラム

橋本拳人 参考画像(c) Getty Images
  • 橋本拳人 参考画像(c) Getty Images
  • 橋本拳人 参考画像(c) Getty Images
  • 橋本拳人 参考画像(c) Getty Images
  • 橋本拳人 参考画像(c) Getty Images
  • 橋本拳人 参考画像(c) Getty Images
目の前にこぼれてきたボールに、誰よりも早く反応した。研ぎ澄まされた集中力。一瞬にしてボールを支配下におさめたダッシュ力。そして、日本代表GK西川周作の牙城を破る決定力。FC東京の成長株、22歳の橋本拳人がまばゆい輝きを放った。

■6月22日 埼玉スタジアム

敵地・埼玉スタジアムに乗り込んだ22日のファーストステージ第13節。ACLとの関係で未消化となっていた一戦は、前半13分にFWムリキの来日初ゴールでFC東京が先制する。

迎えた同31分。オーバーラップした右サイドバック・徳永悠平が前線のFWネイサン・バーンズへスルーパスを入れる。前方をレッズの選手たちにふさがれながら、それでもバーンズは強引に突破を図る。



橋本拳人 参考画像


MF阿部勇樹、DF槙野智章と2人がかりブロックに止められたが、前への推進力が強かった分だけ、ボールが前方へこぼれる。その瞬間、橋本はペナルティーエリアのやや外側、バーンズの右斜め前方にいた。

「たまたまボールがこぼれてきたので、あとは押し込むだけでした」

橋本の他に反応したのは、リオデジャネイロ五輪に挑むU-23日本代表のキャプテンを務めるレッズのDF遠藤航だけ。その遠藤も、ピッチに転がされたバーンズを避けたために一瞬だけ遅れる。

必死に間合いを詰めてくる遠藤の姿に動じることなく、橋本は右足のアウトサイドでボールをとらえる。狙いすました強烈な弾道が西川の右手の先をすり抜けて、ゴールの左隅に突き刺さった。

14試合に出場して2ゴール。昨シーズンが13試合で1ゴールだったから、ファーストステージを1試合残した段階で、FC東京で公式戦デビューを果たした昨シーズンの数字を超えた。

【次ページ ACLグループリーグ最終戦にターニングポイント】
《藤江直人》

編集部おすすめの記事

page top