【THE REAL】FC東京のマルチプレーヤー・橋本拳人が抱く夢と熊本への想い…リオの舞台で一人5役を 2ページ目 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【THE REAL】FC東京のマルチプレーヤー・橋本拳人が抱く夢と熊本への想い…リオの舞台で一人5役を

オピニオン コラム
橋本拳人 参考画像(c) Getty Images
  • 橋本拳人 参考画像(c) Getty Images
  • 橋本拳人 参考画像(c) Getty Images
  • 橋本拳人 参考画像(c) Getty Images
  • 橋本拳人 参考画像(c) Getty Images
  • 橋本拳人 参考画像(c) Getty Images

初めて体験したACLを含めれば、公式戦出場はすでに20を数えている。しかも、決して順風満帆ではなかった軌跡が、自らを成長させたと橋本は実感している。

■成長しながら戦ってこられた

「リーグ戦で出られなくなった時期もありましたし、そうしたなかで直後のACLで出場機会をつかんだことで自分なりにいい手応えを得たし、アウェーでいい経験を積むこともできた。本当に少しずつですけど、成長しながらファーストステージを戦ってこられたと思っています。

ただ、チームとして結果を残せなかったことは本当に悔しいですし、自分の力で勝利に貢献したかったという思いもある。ファーストステージはまだ1試合残っているし、すぐにセカンドステージも始まるので、もっともっと成長のスピードをあげて、チームの力になれる選手になりたい」

調子が下降線をたどっていた時期だったのだろう。4月24日のヴァンフォーレ甲府戦、5日後のアビスパ福岡戦で、橋本はリザーブのまま試合終了のホイッスルを聞いている。

それでも下を向かなかったからこそ、敵地で5月4日に行われたベカメックス・ビンズオン(ベトナム)とのACLグループリーグ最終戦でターニングポイントをつかみ取ることができた。



橋本拳人 参考画像


■ユーティリティー性が評価

食い下がるビンズオンを2-1で振り切り、グループリーグ突破を決めた大一番で、橋本は右サイドバックとして躍動する。アウェーゴールの差で苦杯をなめたものの、上海上港(中国)との決勝トーナメント1回戦でもホーム、アウェーともに右サイドバックで先発フル出場している。

もっとも、リーグにはミッドフィールダーとして登録されている。ボランチを主戦場としながら、冒頭のレッズ戦では右MFとして先発。後半22分からは、ベテランの徳永に代わって右サイドバックへ回った。

2013シーズン途中から期限付き移籍したJ2のロアッソ熊本では181cm、74kgのサイズを見込まれて、3バックへのシステム変更に伴ってセンターバックでも起用されている。

そして、異なる4つのポジションをしっかりと務められる、いわゆるユーティリティーぶりに目をつけたのが、U-23日本代表を率いる手倉森誠監督だった。

【次ページ 遠藤航の存在を忘れさせる活躍】
《藤江直人》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top