巨人・小林誠司、出場登録抹消…16日の試合で左肩に死球 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

巨人・小林誠司、出場登録抹消…16日の試合で左肩に死球

スポーツ 選手

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
巨人の小林誠司が6月22日、1軍出場選手登録を抹消された。同選手は16日の楽天戦で左肩に死球を受け、18日のロッテ戦から欠場していた。

高橋由伸新監督に早くも試練だ。開幕から65試合に出場し正捕手としてリードを任されてきた小林が、左肩の負傷により戦列を離れることになった。

巨人は阿部慎之助が捕手復帰に意欲を見せているものの、まだ右肩の状態が万全ではなく当面は一塁手に専念する。


小林の欠場した18日と翌19日は相川亮二がマスクを被ったが、今後どうなるかは不透明だ。緊急事態にファンからは心配する声が寄せられている。







《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top