ソフトバンク・和田毅がハーラー首位の8勝目…ヤクルトとの接戦を制す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ソフトバンク・和田毅がハーラー首位の8勝目…ヤクルトとの接戦を制す

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
ソフトバンクは6月15日、神宮球場でヤクルトと対戦。先発の和田毅投手がハーラー単独トップとなる今季8勝目を挙げ、6-4で勝利した。

2-0とリードして迎えた5回表、ソフトバンクは満塁の好機を作ると、主砲・内川聖一内野手が適時打を放って2点を追加。その後はヤクルトに追い上げられるも、柳田悠岐外野手の適時打などで加点し、終始試合の主導権を握った。和田は7回途中まで投げて7奪三振を奪う好投を見せ、勝利に貢献した。

これに対してファンからは、「森君は一応勝ちパターンの登板起用をされているのだからもう少し安定感が欲しいな」「昨日の逆転負け悔しかったけど…今日はハラハラしながらも勝利!明日の雨がちょっと心配ですが、勝ち越し出来ますように」「お疲れ様です!なんか今日は途中長かったですね!勝ててよかったです!」「サファテさすが!キドコロ活躍中!」などソフトバンクの勝利を喜ぶ声が多く寄せられていた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top