ソフトバンク、鶴岡慎也が決勝の犠飛…巨人は菅野智之を援護できず | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ソフトバンク、鶴岡慎也が決勝の犠飛…巨人は菅野智之を援護できず

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
ソフトバンクは6月10日、ヤフオクドームで巨人と対戦。1点を争う攻防は、
鶴岡慎也捕手の決勝犠飛で、ソフトバンクが2-1で勝利した。

ソフトバンクは1-1で迎えた8回裏、満塁の好機を作ると、鶴岡が値千金の犠飛を放って勝ち越しに成功。最終回は守護神・サファテ投手が締めた。巨人・先発の菅野智之投手は、強力ソフトバンク打線を相手に8回2失点と好投したが、打線が援護できなかった。

これに対して、「スーパーエースになりつつある菅野さんに勝ったのはデカイ」「今日もサファテ投手圧巻の投球でしたね!でも登板数が増えてきて肩の疲労も心配」「最後は相手のクリーンナップを黙らせる…これは大きな勝ち星ですね!サファテ熱男ー!」「勝った~!鶴ちゃんナイスバッティング!意外と満塁で無得点で多いからね。でも、良かった!」など、ソフトバンクの勝利を喜ぶファンの声が多く寄せられていた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top