ソフトバンク・山田大樹、3年ぶり白星…DeNAはモスコーソが誤算 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ソフトバンク・山田大樹、3年ぶり白星…DeNAはモスコーソが誤算

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
ソフトバンクは6月7日、ヤフオクドームでDeNAと対戦。先発の山田大樹投手が7回1失点の好投を見せるなど投打がかみ合い、6-3で勝利した。

1-0とリードして迎えた6回裏、ソフトバンクは内川聖一内野手が2点本塁打を放ってリードを広げると、続く指名打者・長谷川勇也もソロ本塁打を放って、4-0とする。終盤にDeNAに3点を奪われるも、最後は守護神・サファテ投手が3者連続三振で締めて逃げ切った。

これに対して、「山田投手もいい投球でしたし、打線も城所選手が大活躍! 2者連続ホームラン!よかったです!」「こういう試合に限って見れなかったことが悔しい…!山田投手最高です」「山田久し振りのらしいピッチングは見事でした」「山田投手ナイスピッチング。おめでとう!ギータ、晃が少し心配だな~」など、山田の好投を称賛するファンの声が多く寄せられていた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top