ソフトバンク、主軸の3者連続アーチで快勝…広島は黒田博樹が4被弾 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ソフトバンク、主軸の3者連続アーチで快勝…広島は黒田博樹が4被弾

新着 製品/用品

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
ソフトバンクは6月3日、マツダスタジアムで広島と対戦。3者連続アーチが飛び出すなど一発攻勢で広島を圧倒し、6-1で快勝した。

ソフトバンクは初回、城所龍磨外野手がソロ本塁打を放って1点を先制。1-1で迎えた3回表には、柳田悠岐外野手、内川聖一内野手、松田宣浩内野手が3者連続本塁打を放って3点を追加した。投げては、先発の東浜巨投手が7回途中1失点の好投を見せ、今季4勝目を挙げた。広島は、頼みの黒田博樹投手がまさかの4被弾など誤算だった。

これに対して、「黒田を打ち崩しての勝利は大きい!明日も勝ちましょう」「やったー!広島のユニフォーム着た女性がギータのヒーローインタビューのあと…めっちゃギータに黄色い声援で手を振ってた!この色男」「3者連続ホームラン生で見たかった!」「柳田、内川、松田最高!」など、ソフトバンクの勝利に歓喜するファンの声が多く寄せられていた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top