ソフトバンク・内川聖一、満塁弾含む2発で快勝…巨人は拙攻目立った | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ソフトバンク・内川聖一、満塁弾含む2発で快勝…巨人は拙攻目立った

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
ソフトバンクは6月11日、ヤフオクドームで巨人と対戦。内川聖一内野手が満塁弾を放つなど、ソフトバンクが攻守で巨人を圧倒し、8-3で勝利した。

ソフトバンクは0-1と1点ビハインドで迎えた3回裏、満塁の好機を作ると、柳田悠岐外野手が押し出し四球を選び同点とする。続く内川は初球の変化球を狙いすましたかのように振り抜き、左翼席に飛び込むグランドスラム。内川は、7回裏にもソロ本塁打を放つなど絶好調だった。対する巨人は、ソフトバンクと同じ11安打を放つも、村田修一内野手が併殺打で好機をつぶすなど、拙攻が目立った。

これに対して、「巨人戦の勝ち越しは嬉しいですね。そして、明日は今季の初観戦なんです」「キャプテン3割、30本、3盗塁ありますね」「今日も勝った!キャプテン2発お見事!明日も勝って3タテいきましょう」「熱男の皆さん、ありがとうございます! また明日から頑張れま~す」など、ファンからは大活躍を見せた内川に対する称賛の声が挙がっていた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top