ソフトバンク・柳田悠岐、同点打&決勝弾…DeNAは井納翔一が誤算 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ソフトバンク・柳田悠岐、同点打&決勝弾…DeNAは井納翔一が誤算

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
ソフトバンクは6月9日、ヤフオクドームでDeNAと対戦。柳田悠岐外野手が同点打と決勝弾を放つ活躍を見せ、4-2で勝利した。

ソフトバンクは0-1と1点ビハインドで迎えた1回裏、走者一、三塁の好機を作ると、柳田が適時打を放って同点に追いつく。続く内川聖一内野手は犠飛を放って勝ち越しに成功。3回裏には、柳田がつまりながらも左翼席ギリギリに入るソロ本塁打を放って3-1とした。投げては、先発の中田賢一投手が5回1失点と先発の役割を果たし、勝利に貢献した。

これに対して、「今日も見事勝利 多少ミスやピンチもあったが、上手くカバーし、良く凌いでくれました。明日から読売3連戦。これを勝ち越せれば大きいですね」「ギータ もうちょい(お立ち台で)マシなコメントできないかなー」「絶対勝ち越して!」など、ファンからの声が寄せられていた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top