レッドソックス・上原浩治、1回無失点1奪三振 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

レッドソックス・上原浩治、1回無失点1奪三振

スポーツ 短信

上原浩治 参考画像(2016年3月16日)
  • 上原浩治 参考画像(2016年3月16日)
ボストン・レッドソックスの上原浩治投手は3月30日、ピッツバーグ・パイレーツとのオープン戦に登板し、1回を無安打無失点に抑えた。試合は4-4で引き分けている。

レッドソックス2点リードで迎えた五回裏、上原は2番手として登板。打者3人に投げ無安打無失点、1奪三振の内容だった。16日の試合では得意のスプリットを封印、カットボールを試す中で4失点したが、この日は危なげなく打者を打ち取った。

開幕へ向け調整を続けるベテランにファンからは、「今シーズンの活躍も期待してます」「おみごとです!」「余裕すら感じる。今年は怪我なく1年やってもらいたい」などの声が寄せられている。

レッドソックスはオフにシアトル・マリナーズから、セットアッパーのカーソン・スミスを獲得。上原、クレイグ・キンブレル、田澤純一とともに試合の終盤を締める盤石なリリーフ陣と期待された。だが、残念ながらスミスはオープン戦で右ヒジを痛め、開幕には間に合わないと見られる。

ダブルセットアッパー構想の相方が戻るまで、上原にはフル回転が期待される。

So graceful. #SoxSpring

@redsoxが投稿した写真 -

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top