レッドソックス・上原浩治の覚悟「ぶっこわれてもいいやという思いでやる」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

レッドソックス・上原浩治の覚悟「ぶっこわれてもいいやという思いでやる」

スポーツ 選手
2016希望郷いわて国体イベントにレッドソックス・上原浩治投手やタレントの杉村太蔵が駆けつけた(東京・青海、1月16日)
  • 2016希望郷いわて国体イベントにレッドソックス・上原浩治投手やタレントの杉村太蔵が駆けつけた(東京・青海、1月16日)
  • 2016希望郷いわて国体イベントにレッドソックス・上原浩治投手やタレントの杉村太蔵が駆けつけた(東京・青海、1月16日)
  • 2016希望郷いわて国体イベントにレッドソックス・上原浩治投手やタレントの杉村太蔵が駆けつけた(東京・青海、1月16日)
  • 2016希望郷いわて国体イベントにレッドソックス・上原浩治投手やタレントの杉村太蔵が駆けつけた(東京・青海、1月16日)
  • 2016希望郷いわて国体イベントにレッドソックス・上原浩治投手やタレントの杉村太蔵が駆けつけた(東京・青海、1月16日)
  • 2016希望郷いわて国体イベントにレッドソックス・上原浩治投手やタレントの杉村太蔵が駆けつけた(東京・青海、1月16日)
  • 2016希望郷いわて国体イベントにレッドソックス・上原浩治投手やタレントの杉村太蔵が駆けつけた(東京・青海、1月16日)
2016岩手国体応援イベントが東京都内で1月16日に開催され、東日本大震災被災地で野球教室を続けているボストン・レッドソックスの上原浩治投手や、タレントの杉村太蔵さんが登壇した。

上原投手は「現役である以上、現場に行って、子どもたちに触れ合うことが大事だと思う。被災地で続けている野球教室でみんなが元気になるなら、あと何年やれるかわからないけど続けたい」と想いを語った。

「子どもたちと触れ合って、みんなフォームがきれいと感じた。ちゃんと野球やってるなと思った。みんなで一緒に野球ができることが楽しい。被災地支援は継続していきたい。もっともっと支援していこうと思うことが大切だと思う。自分もできる限りのことを、継続できるようがんばっていきたい」

報道陣から今シーズンの意気込みについて質問され、淡々とした表情で続けた。

「"ぶっこわれてもいいや"という思いでやっているので、今年も全力でやるだけ。とにかくやれば何かしらいい結果がついてくると思う。目標?1年間、ケガなく投げ続けること。いいシーズンにしたい」

巨人の高橋由伸監督から春季キャンプ訪問の誘いを受けていたが見送っていた。その経緯について「(選手生活が)終わりになるかもしれないという境目にいるので、自分の時間を大事にしたいと伝えた。(高橋監督には)やりたいようにやってほしい。無理だけはしないで」と言及した。

「また来年も、再来年も、あるかもしれない。今年は申し訳ない。巨人は、勝たなければいけないチーム、個人個人が勝ちたいという意識をもっていけば、レベルが上がるチームだと思っている」。
《大野雅人》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top