清武弘嗣が加入のセビージャ、エメリ監督の退団を発表 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

清武弘嗣が加入のセビージャ、エメリ監督の退団を発表

スポーツ 短信

セビージャのウナイ・エメリ監督 参考画像(2016年5月18日)
  • セビージャのウナイ・エメリ監督 参考画像(2016年5月18日)
  • 清武弘嗣 参考画像(2016年6月7日)
リーガ・エスパニョーラのセビージャが6月12日、ウナイ・エメリ監督の退団と後任としてホルヘ・サンパオリ氏に接触していることを明かした。セビージャには日本代表MF清武弘嗣の加入も決定している。

エメリ監督はバレンシアやスパルタク・モスクワなどを率いたあと、2013年からセビージャの監督に就任。チームをUEFAヨーロッパリーグ(EL)3連覇に導いた。エメリ監督とセビージャの契約は2017年6月まで残っているが、クラブは公式サイトで「エメリ監督から弁護士を通じ、一方的に退団の意思を伝えられた」としている。

以前からエメリ監督にはフランスのパリ・サンジェルマン監督就任が噂されていた。パリSGはローラン・ブラン監督と2018年まで契約しているが、同クラブのナセル・アル・ケライフィ会長は先日、大きな変化を示唆していた。

エメリ監督の退団にサッカーファンからは、「目立たないけど実績を見れば名将だよね」「4連覇に挑戦してほしかった」「日本人視点としては、清武がエメリの指導を受けるというところが注目だったんだけど」「3年半お疲れ様でした。正直しょっぱい試合もあったけどEL3連覇は素晴らしい思い出」などの声が寄せられている。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top