中日・田島慎二、開幕32試合目での初失点…プロ野球記録は「31」でストップ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

中日・田島慎二、開幕32試合目での初失点…プロ野球記録は「31」でストップ

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
中日の田島慎二投手が6月7日、オリックス戦で今季初失点を喫し開幕からの無失点記録が31試合で途絶えた。九回裏に追いつかれた中日は、ドラフト1位ルーキー小笠原慎之介投手のプロ初勝利も消えている。

開幕から31試合連続無失点のプロ野球記録を更新し続けていた田島。5回2失点の好投を見せた小笠原にプロ初勝利をつけるため、1点差の九回にマウンドへ登った。

だが内野安打に悪送球も重なり得点圏に走者を出すと、犠打と死球で1死一、三塁のピンチを招く。西野真弘には甘く入った変化球を右前に落とされた。

連続無失点記録が途絶えた田島。だがファンは、「記録はいつか止まる。サヨナラに持ち込ませなかったのが立派」「失点後の満塁を切り抜けたのが良かった」「タジマジンの記録が止まってしまったのは残念...でもいつかは止まるものと割り切ってまた明日から0封頼みます」と変わらぬ信頼を寄せている。

プロ初勝利を逃した小笠原には、「小笠原くんは不運だったけど、そのうち勝てるでしょう」「2勝しててもおかしくない内容。中継ぎ陣の負担を考えると、7回100球くらいでまとめられるようになるといいね」など応援の声が多い。

試合は延長十二回に中日が一挙5得点を奪い、今季最長5時間13分のゲームを8-3で制した。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top