為末大が館長、豊洲にランニング施設「新豊洲Brilliaランニングスタジアム」が誕生 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

為末大が館長、豊洲にランニング施設「新豊洲Brilliaランニングスタジアム」が誕生

スポーツ 短信

「新豊洲Brilliaランニングスタジアム」オープニングレセプション(2016年12月9日)
  • 「新豊洲Brilliaランニングスタジアム」オープニングレセプション(2016年12月9日)
  • 「新豊洲Brilliaランニングスタジアム」オープニングレセプション(2016年12月9日)
  • 「新豊洲Brilliaランニングスタジアム」オープニングレセプション(2016年12月9日)
  • 「新豊洲Brilliaランニングスタジアム」オープニングレセプション(2016年12月9日)
  • 「新豊洲Brilliaランニングスタジアム」オープニングレセプション(2016年12月9日)
  • 「新豊洲Brilliaランニングスタジアム」オープニングレセプション(2016年12月9日)
  • 「新豊洲Brilliaランニングスタジアム」オープニングレセプション(2016年12月9日)
  • 「新豊洲Brilliaランニングスタジアム」オープニングレセプション(2016年12月9日)
元プロ陸上選手の為末大さんが館長を務める『新豊洲Brilliaランニングスタジアム』のオープニングレセプションが12月9日、東京・豊洲で開催された。

新豊洲Brilliaランニングスタジアムは、為末さんが代表取締役の株式会社侍、障がい者アスリート向けの義足を開発するXiborg、特定非営利活動法人SLOWLABEL (スローレーベル)、東京ガス用地開発の4社は共同で運営。コンセプトに「すべての人に、走り、体を動かし、自分を表現する喜びを!」を掲げ、健常者、障がい者問わず、多くの人に走ることの楽しみを提供する。

『新豊洲Brilliaランニングスタジアム』が豊洲に誕生


施設は全天候型60m陸上トラックのほか、競技用義足開発ラボラトリー、ランニングステーション(シャワー・ロッカールーム)が併設。ランニングステーションはユニバーサルデザインのトイレも完備され、車いすの人でも安心して使うことが可能だ。

為末さんは「パラリンピックの選手とオリンピックの選手が一緒に練習している風景はまだそんなにない」と話し、新豊洲Brilliaランニングスタジアムが豊洲の“新しい風景”になることを期待している。施設周辺にランニングコースの整備も予定されている。

「たくさんの人に使って欲しい。足が速くなって有利になるスポーツは多い。ほとんどのスポーツは二足走行を必要としている。そういう意味で、もし日本人全体で足の平均が速くなると、結果として多くのスポーツでメダルを獲得したり、世界で勝負できる可能性が高くなる。陸上競技に限らず、足が速くなりたいすべての方ここに来てトレーニングして、刺激しあって、良くなっていってほしい」

館長の為末大さん

60mトラック!

為末さんの言葉の通り、アスリートはもちろん、一般の子どもから大人まで、走ることが好きな人なら誰でも楽しめるイベントも随時開催される。まずは12月10日・11日にオープニングイベントとして、50m測定会、義足体験、車いすレーサー体験、ワークショップなどを行う。

日本パラリンピック委員会(JPC)運営委員で日本障害者スキー連盟常任理事の大日向邦子さんは、「いろいろな人たちに使ってもらい、4年後の東京オリンピック・パラリンピックに向けて成熟していくといい」と目を細めた。豊洲から未来の金メダリストが生まれるかもしれない。

オープニングレセプションでは、スローレーベルによるパフォーマンスも行われ、来場者たちを喜ばせた。また、為末さん、リオデジャネイロパラリンピック男子陸上4×100mリレー銅メダリストの佐藤圭太選手(Xiborg)、2014年全米男子100 m(T43/T44)金メダリストのジャリッド・ウォレス選手、車いすダンサーの森田かずよさんらによるオープニングランが行われ、新トラックの走り始めを行った。


新豊洲Brilliaランニングスタジアムの利用料金は1回券が学生・障がい者はワンコインの500円、一般は800円だ。月契約(2000円~)、年契約(2万円~)も可能。所在地は、東京都江東区豊洲6-4-2。最寄駅は、ゆりかもめ新豊洲駅もしくは市場前駅。
《五味渕秀行》

編集部おすすめの記事

page top