中日、オリックスとの激戦を制す…延長12回に一挙5得点 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

中日、オリックスとの激戦を制す…延長12回に一挙5得点

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
中日は6月8日、京セラドーム大阪でオリックスと対戦。延長12回までもつれ込んだ試合を制し、8-3で勝利した。

3-2と1点をリードして迎えた9回裏、中日はオリックスの西野真弘内野手に適時打を浴びて同点とされるも、延長12回表に打線が爆発。満塁の好機を作ると、工藤隆人外野手が適時打を放って2点の勝ち越しに成功。さらに杉山翔大捕手が走者一掃の適時打を放ち、この回だけで一挙5点を奪った。

オリックスは6番手のコーディエ投手が制球を乱すなど誤算だった。

これに対してファンからは、「苦労人の工藤選手にこんな晴れ舞台が来るとは。おめでとうございます!」「長い長い試合でしたが勝てて本当に良かったです!工藤選手すごいです! 田島選手の記録が途切れたのは少し残念に思いますが後続をしっかり切ったあたりさすがだと思いました!」「終わってみれば大勝でしたね!小笠原の初勝利をまたしても逃したのと、田島の連続無失点記録が途絶えてしまったのが悔しいですが…」など決勝打を放った工藤を祝福する声が多く寄せられていた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top