中日・吉見一起、7回2/3無失点の好投…楽天は打線が沈黙 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

中日・吉見一起、7回2/3無失点の好投…楽天は打線が沈黙

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
中日は6月5日、ナゴヤドームで楽天と対戦。先発の吉見一起投手が7回2/3無失点の好投を見せ、2-0で勝利した。

中日は0-0で迎えた6回裏、ビシエド内野手が放った内野ゴロの間に走者が生還し2点を先制。この場面では、楽天・茂木栄五郎内野手の送球ミスも重なった。投げては、吉見が楽天打線を4安打に抑える安定した投球を見せ、勝利に貢献した。

これに対して、「吉見さんの投球が安心して見ていられた!少ない得点で吉見さんが投げて競り勝つ。中日が強い時の勝ち方!」「とりあえず連敗がとまって良かった」「茂木のミスもあるけど、それよりも打線が打てなすぎ!相手投手のレベルが上がると、まだまだ打てないな」など、ファンからはさまざまな声が寄せられていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top