中日ドラフト1位・小笠原慎之介、デビュー戦は5回1失点も勝利逃す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

中日ドラフト1位・小笠原慎之介、デビュー戦は5回1失点も勝利逃す

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
中日の小笠原慎之介投手が5月31日のソフトバンク戦に先発し、5回を投げ1安打1失点、4奪三振、7四球だった。プロ初登板でソフトバンク打線を1失点に抑えた小笠原だが、試合は4番手の福谷浩司が打たれ2-5で敗れている。

交流戦初戦で1軍デビューを果たした小笠原。三回に2死三塁から今宮健太の適時打で失点するが、打たれた安打はこの1本のみ。五回には先頭から3続四球を出して無死満塁になるが、後続を断ち無失点で切り抜けた。

小笠原の投球にファンからは今後に期待する、「小笠原は良かった!次回も期待」「四球を減らすのを課題にして克服すれば、次はもっと期待できそうですね!」「7四球は多すぎだけど、それを置いておいても高卒ルーキーが初登板で1失点なら上々」「18歳のルーキーの初登板、相手は最強ソフトバンクならこの結果は上出来。勝たせてあげたかったけど、今シーズン中に勝てるでしょ」などの声が多く寄せられている。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top