日本ハム、中田翔の決勝弾で交流戦初勝利 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

日本ハム、中田翔の決勝弾で交流戦初勝利

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
日本ハムは6月1日、札幌ドームでヤクルトと対戦。中田翔の決勝弾が飛び出すなど投打がかみ合い、5-2で交流戦初勝利を挙げた。

初回、日本ハムは走者を一、二塁に置いて、主砲・中田翔がインコースの変化球をうまく軸回転でとらえる一発をスタンドにたたき込み3点を先制。その後ヤクルトに2点を返されるも、7回裏には大野奨太捕手がソロ本塁打を放ってリードを広げた。投げては先発のバースが6回を投げて2失点と先発の役割を果たした。

これに対してファンからは、「大野よく打った!あの1点は大きかったよ」「4番の一振りで決めた試合。中田打撃が上向きだな!これからの成績が楽しみだ!」「連敗は避けたかったし、初回の3ランは大きかったね~。レアードと中田がそろって当たり始めれば面白い!」などさまざまな声が寄せられていた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top