本田圭佑フル出場も…ミラン、コッパ・イタリア決勝で敗れる | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

本田圭佑フル出場も…ミラン、コッパ・イタリア決勝で敗れる

スポーツ 短信
本田圭佑フル出場も…ミラン、コッパ・イタリア決勝で敗れる(c)Getty Images
  • 本田圭佑フル出場も…ミラン、コッパ・イタリア決勝で敗れる(c)Getty Images
  • サッカー ゴール イメージ(c)Getty Images
本田圭佑のACミランは5月21日、ユベントスとのコッパ・イタリア決勝を戦ったが0-1で破れ、今季もタイトル獲得はならなかった。勝利したユベントスはセリエAとの国内二冠を達成している。

この試合では戦前から示唆していたとおり4-3-3の布陣を採用した、ミランのクリスティアン・ブロッキ監督。ジャコモ・ボナヴェントゥーラと本田は先発で前後半、延長も合わせ120分間フル出場した。

ミランは前半からチャンスを作り、守備陣もGKジャンルイジ・ドンナルンマを中心にユベントスの攻撃を跳ね返した。だがゴールはないまま90分が終了し、試合は延長に入る。

延長も前半はスコアレス。最後の15分に入るが、ここでユベントスのアルバロ・モラタが大仕事をやってのけた。延長後半3分に投入されたモラタは、その2分後に決勝ゴール。クラブにコッパ・イタリア11度目の優勝と国内二冠をもたらした。

勝ったユベントスにファンからは、「延長後半にモラタ投入からの、モラタ決勝ゴールの流れがドラマチックすぎる」「ユベントスは調子悪そうだったけど、そこでも負けないのが王者か」などの声が寄せられる。

この試合に来季UEFAヨーロッパリーグ出場権をかけ臨んだミランだったが、あと一歩及ばず跳ね返された。またも無冠に終わったチームへは、「ブロッキ監督が就任してから一番良かった。実りある内容だったかはともかく」「ミランずっと今日のフォーメーションだったらな」「ミハイロヴィチ解任してブロッキ就任させてから順位を落とし、コッパも勝てなかったんだから完全に上層部の自業自得としか」といった意見が並ぶ。


《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top