本田圭佑の残留交渉へも影響か、ACミランがミハイロビッチ監督を解任 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

本田圭佑の残留交渉へも影響か、ACミランがミハイロビッチ監督を解任

スポーツ 短信

ACミランのシニシャ・ミハイロヴィッチ監督
  • ACミランのシニシャ・ミハイロヴィッチ監督
日本代表FW本田圭佑の所属するACミランは4月12日、シニシャ・ミハイロビッチ監督の解任を発表した。2015年6月に2年契約で就任した同監督は、3季ぶりのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場を託されていた。

だが今季も首位のユベントスとは勝ち点27差。CL出場圏内の3位ローマとも15ポイント離れている。9日に行われたセリエA第32節、ユベントス戦で逆転負けしたあとミハイロビッチ監督は手応えを口にしていたが、クラブ幹部は結果のほうを重く見た。

今回の決定は本田にも大きな影響があると見られている。シーズン前半は出場メンバーから外れる試合が続くも、後半戦はシステム変更もあり再び主力に戻った本田。2017年6月で満了を迎える契約も、最近の活躍で延長に向かっていると伝えられてきた。だが監督解任で暗雲が漂い始めている。

後任には下部組織で指導経験のあるクリスチャン・ブロッキ氏が就任する。本田がミランに加入してから早くも5人目の監督だ。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top