マリナーズ、カノが5打数4安打の大暴れ…青木宣親は1安打 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

マリナーズ、カノが5打数4安打の大暴れ…青木宣親は1安打

スポーツ 短信
ロビンソン・カノ 参考画像(2016年5月7日)
  • ロビンソン・カノ 参考画像(2016年5月7日)
  • 青木宣親 参考画像(2016年4月21日)
シアトル・マリナーズは5月7日、敵地でヒューストン・アストロズと対戦し3-2で勝利した。マリナーズの青木宣親外野手は1番・左翼手で先発出場して5打数1安打だった。

開幕から不振が続いた青木。だが最近1週間で2度の複数安打を記録し、徐々に当たりが戻ってきた。この試合では七回の第4打席に遊撃への内野安打で出塁している。

マリナーズは九回裏に2-2の同点に追いつかれるが、十回表の攻撃でロビンソン・カノがこの日2本目のソロ本塁打を放って勝ち越した。

5打数4安打、2本塁打、2打点の活躍を見せたカノ。5月に入ってからは全7試合で安打、うち6試合が複数安打という大暴れが続く。チームも今月は5勝2敗と好調だ。

チームを牽引するカノの活躍にファンからは、「今年のカノは頼もしすぎる」「このくらいやれる選手と見込んで契約したはずだ」「高額契約は伊達じゃない。これで二塁手なのもすごい」「ヤンキース時代の打棒が戻ってきた」と絶賛する意見が多く寄せられている。

《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top