田臥勇太が語る、NBA注目のチームと選手 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

田臥勇太が語る、NBA注目のチームと選手

スポーツ 短信

田臥勇太 参考画像(2010年)(c)Getty Images
  • 田臥勇太 参考画像(2010年)(c)Getty Images
  • ウォリアーズNBA記録更新…ブルズ超えのシーズン73勝を達成!
  • ステフィン・カリー 参考画像(2016年4月13日)
  • クレイ・トンプソン 参考画像(2016年4月18日)
  • ウォリアーズ今季70勝に到達…NBA史上2チーム目 ステフィン・カリー(c)Getty Images
  • ステフィン・カリー 参考画像(2016年4月3日)
  • ステフィン・カリー 参考画像(2016年3月29日)
  • ステフィン・カリー 参考画像(2016年2月27日)
NBL(ナショナル・バスケットボール・リーグ)のリンク栃木ブレックスに所属する田臥勇太が、インタビューに応えNBA(米国プロバスケットボール)の注目チームと選手を語った。

自身もフェニックス・サンズと契約し、日本人初のNBA選手としてプレーした経験を持つ田臥。現在のNBAで注目するチームには、今季シーズン73勝のリーグ新記録を樹立したゴールデンステイト・ウォリアーズを挙げた。

「チームとしては、やはりゴールデンステイトが勢いもあるし話題性もある。チームメイトとしゃべっていても、ゴールデンステイトの話が基本多い。『ステフィン・カリーが何点入れた』といった話を毎日のようにしています」

ウォリアーズの絶対的エースとして今季、史上初の3ポイントシュート成功数400本超えを果たしたカリーの存在は、現役選手の間でも注目の的のようだ。

そのほかの注目選手に田臥は、ボストン・セルティックスのアイザイア・トーマスを挙げている。身長173センチの田臥から見て、ほぼ変わらない体格で2メートル超えの選手に挑んで行くトーマスの姿は「勉強になります」とのことだった。

また、日本の若手では富樫勇樹、八村塁、渡邊雄太への期待を語った。

「3人は自分が経験できなかったことをやっている。渡邊雄太選手は全米招待トーナメント(NIT)に出場し、優勝するなんて日本人初めてだと思う。八村選手もゴンザガ大なんか、なかなか行ける大学じゃないと思います。そういったチャレンジをしている選手たちには期待しています」
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top