マンチェスター・シティ、目標達成の最大の敵は「負傷者」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

マンチェスター・シティ、目標達成の最大の敵は「負傷者」

スポーツ 短信

マンチェスター・シティがチェルシーに快勝。セルヒオ・アグエロ(2016年4月16日)
  • マンチェスター・シティがチェルシーに快勝。セルヒオ・アグエロ(2016年4月16日)
  • マンチェスター・シティのマヌエル・ぺジェグリーニ監督(2016年4月16日)
マンチェスター・シティは4月16日、イングランド・プレミアリーグ第34節でチェルシーから3-0の勝利を収めた。試合後の会見でシティのマヌエル・ペジェグリーニ監督は、ベストメンバーが組めれば良い戦いができると快勝を振り返った。

今季も負傷者が多くベストメンバーを組めなかったシティ。ようやく選手がそろい始めたことにペジェグリーニ監督は、「チームの最高の選手たちが全員そろって一緒にプレーすれば、全体的なパフォーマンスは向上できる」とコメント。カップ戦との同時進行でも構想通りのメンバーが組めれば良い戦いができると話した。

「このチームの目的のひとつはすべての大会でタイトルを争うことだ。キャピタル・ワン・カップは優勝した。FA杯では残念ながらここで1-5の敗戦を喫した。そのときは若いチームで戦ったが、今日はリベンジしたいと思っていた。チャンピオンズリーグではまだ勝ち進んでいる。こういう選手たちが全員そろえば、良い戦いはしやすくなると思う」
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top