マンチェスター・シティ、敵地でパリSGと引き分ける | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

マンチェスター・シティ、敵地でパリSGと引き分ける

スポーツ 短信

マンチェスター・シティ、敵地でパリSGと引き分ける(c)Getty Images
  • マンチェスター・シティ、敵地でパリSGと引き分ける(c)Getty Images
  • サッカー ゴール イメージ(c)Getty Images
4月6日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント準々決勝、ファーストレグでマンチェスター・シティ(イングランド)はパリ・サンジェルマン(フランス)と対戦し2-2で引き分けた。

試合開始から目まぐるしい展開になった前半、14分にパリSGはエリア内でダビド・ルイスが倒されPKを獲得する。だがシティはGKジョー・ハートが、ズラタン・イブラヒモビッチのシュートをセーブ。先制を許さなかった。

シティの反撃は同38分、カウンターから最後はケヴィン・デ・ヴルイネが決め先制した。アウェイゴールを奪ったシティ、だが大喜びからわずか3分後、自陣深い位置でのミスからイブラヒモビッチにボールを奪われ、そのまま同点ゴールを決められた。

後半は立ち上がりからパリSGが勢いに乗る。14分にはアドリアン・ラビオが勝ち越しゴールを決めた。追い詰められたシティだが同点のチャンスは同27分にめぐってきた。右サイドからのクロスが相手DFに弾かれたボールを、フェルナンジーニョが拾ってシュート。これがゴールネットを揺らして試合は振り出しに戻された。

思わぬ形から失点し一時はリードを奪われたシティ。だが最後は追いつきアウェイゴールも2点奪った。敵地で底力を見せたチームにファンからは、「セカンドレグに希望が持てる結果で終われた」「もっと差をつけられる可能性もあったので、2点取ってのドローは上出来」「負傷者が復帰してから徐々に盛り返してるな。特にデ・ブルイネひとりで全然違うチームになる」「次はマンCのほうが有利だな」などの声が寄せられている。

#mcfc Instagram of the Day 662: Chasing dreams

Manchester City FCさん(@mcfcofficial)が投稿した写真 -

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top