マンチェスター・シティの敗因、ペジェグリーニ監督は選手の疲れと分析 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

マンチェスター・シティの敗因、ペジェグリーニ監督は選手の疲れと分析

スポーツ 短信

マンチェスター・シティ対リバプール(2016年3月2日)
  • マンチェスター・シティ対リバプール(2016年3月2日)
  • マンチェスター・シティのマヌエル・ぺジェグリーニ監督(2016年1月6日)
3月2日のイングランド・プレミアリーグ第28節、マンチェスター・シティは敵地でリバプールに0-3の完敗を喫した。2月28日のキャピタル・ワン杯決勝では勝利した相手に敗れ、試合後マヌエル・ペジェグリーニ監督は「相手のほうがフレッシュだった」と話した。

3つのカップ戦とプレミアリーグを併行して行っているシティ。ペジェグリーニ監督は、「スタートから我々がフレッシュでないことが分かった。先週のチャンピオンズリーグ(CL)と、日曜日の試合(キャピタル・ワン杯)から回復できていなかったね。最初からリバプールのほうが、高いエネルギーと早いペースでボールを取り返していた」と話し、選手たちには立ち上がりから過密日程の影響が出ていたと振り返る。

勝ち点を伸ばすことができず4位に置かれたままのシティ。5位のマンチェスター・ユナイテッドが同日の試合で勝ち、ともに勝ち点47で並んだ。6位のウェストハムも勝ち点1差で追いかけてきており、来季チャンピオンズリーグ出場権争いが激しくなっている。

だがペジェグリーニ監督は、タイトルやCLのことより、今は目の前の試合に一戦、一戦集中することが大事だと話す。

「プレミアリーグでは最近ホームで敗れているから、本拠地での勝利を取り戻す必要がある。何よりも大切なことは自分たちのパフォーマンスを取り戻し、可能な限り多くの勝ち点を追加することだ」

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top