リバプールのクロップ監督、劇的な勝利を喜ぶ「選手は気持ちを見せた」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

リバプールのクロップ監督、劇的な勝利を喜ぶ「選手は気持ちを見せた」

スポーツ 短信

リバプールがドルトムントに勝利(2016年4月14日)
  • リバプールがドルトムントに勝利(2016年4月14日)
  • リバプールのユルゲン・クロップ監督(右/2016年4月14日)
リバプール(イングランド)は4月14日に行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)準々決勝セカンドレグ、ホームにドルトムント(ドイツ)を迎え4-3の勝利を収めた。

後半の4得点で劇的な逆転を果たした試合に、リバプールのユルゲン・クロップ監督は「勝利にふさわしい試合だった」とコメントを残している。

「スタジアムで何かが起こったことを、誰もが目にして感じることができた。あらゆる音を聞いてにおいも感じられた。攻撃が素晴らしい一方で我々の守備はあまり良くなかった。ドルトムントに1-3にされたがサッカーであれ人生であれ、こういう場面でこそ気持ちを見せるべきだ。選手たちはまさにそれをやってくれた」

今季途中に解任されたブレンダン・ロジャーズ監督の後任として、古豪復活を託されたクロップ監督。古巣を破り勝ち上がった準決勝でも、サポーターを沸かせるような試合が見せられるか。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top