ドルトムントのトゥヘル監督、リバプール戦は特別なものになると予想 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ドルトムントのトゥヘル監督、リバプール戦は特別なものになると予想

スポーツ 短信

ボルシア・ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督 参考画像(2016年2月9日)
  • ボルシア・ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督 参考画像(2016年2月9日)
  • リバプールのユルゲン・クロップ監督 参考画像(2016年1月5日)
  • 香川真司 参考画像(2015年11月8日)
3月18日に行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)の組み合わせ抽選会により、ドルトムントは前監督のユルゲン・クロップが率いるリバプール(イングランド)との対戦が決まった。

この結果にドルトムントの現指揮官であるトーマス・トゥヘル監督は、「素晴らしい抽選結果だ」と話し、この試合が特別なものになると予想した。

「スポーツの面でも素晴らしいが、それ以外の意味も分かっている。ふたつの本物のサッカークラブの伝統が、欧州の舞台で激突するということだ。スポーツを超える感情の部分もある。クロップが戻ってくるのは特別なことだ」

2008年から昨季までドルトムントを率い、低迷していたチームを建て直したクロップ監督。久しぶりのブンデスリーガ制覇をもたらした元指揮官は、今でも現地のファンから愛されている。

トゥヘル監督は前指揮官とファンの再会は感動的なものになる、そしてクラブにとっても特別な機会だと話した。

誰もが期待しながら、しかし実現は決勝戦まで取っておきたいとも考えていた注目のカード。ファーストレグは4月7日、ドルトムントのホームで行われる。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top