リバプールのクロップ監督はチームを大きく変えた…元スペイン代表が語る | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

リバプールのクロップ監督はチームを大きく変えた…元スペイン代表が語る

スポーツ 短信

リバプールのユルゲン・クロップ監督 参考画像(2016年1月5日)
  • リバプールのユルゲン・クロップ監督 参考画像(2016年1月5日)
今季途中にブレンダン・ロジャーズ監督を解任し、ユルゲン・クロップ監督が就任したリバプール。現役時代にリバプールでプレーした、元スペイン代表のルイス・ガルシアは、監督交代がチームに変化をもたらしたと話す。

クロップ監督が指揮するリバプールについて聞かれたガルシアは、「新監督就任は大きな変化だった。チームは違って見え始めたし、試合へのアプローチも変わった」と良い影響があったと話す。一方まだプレミアリーグを勝ち抜くために必要な、安定感には欠けるとも指摘した。

クロップ政権での具体的な変化については、激しいプレスやインテンシティの部分を挙げている。

「よく走ったりプレスを掛けたり、リバプールにはインテンシティがある。誰かがボールを失うたびに3人で相手を囲みプレスを掛ける。それが変わった部分だと思う」

リバプールの変化はサポーターにも気に入られているとガルシアは見る。今季の目標に話題がおよぶと、難しくてもトップ4入りを目指してほしいと期待した。

「今のトッププレーヤーたちは、チャンピオンズリーグでのプレーを望んでいる。出場できないチームへの加入はためらってしまう。だから4位以内を目指すことは非常に重要だ。もちろん難しいことだとは思うが、それは最初の時点から分かっていた。チームは良くなってきているので連勝して、4位との差を縮めてほしい」
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top