リバプールのクロップ監督、ドルトムント戦は必勝態勢「気分は上々」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

リバプールのクロップ監督、ドルトムント戦は必勝態勢「気分は上々」

スポーツ 短信

リバプールのユルゲン・クロップ監督 参考画像(2016年1月5日)
  • リバプールのユルゲン・クロップ監督 参考画像(2016年1月5日)
リバプール(イングランド)は4月7日に行われるUEFAヨーロッパリーグ(EL)で、ドルトムント(ドイツ)と対戦する。昨季までドルトムントを率いていた、リバプールのユルゲン・クロップ監督が古巣への愛着を語った。

2008年夏からドルトムントを率いたクロップ監督は、前年13位だったチームを6位まで引き上げ古豪復活の道筋をつけた。翌年からもチームは成績を上げていき、クロップ政権でドイツ・ブンデスリーガ2連覇を達成している。

7シーズン過ごした元ホームに帰ってきたクロップ監督は、「試合前からいろいろ言われているが、私にとっては簡単だよ。ここには友人がいるからね。北朝鮮かどこかよりは、ここに入るほうが良いね」と話した。

「私は早くここに着いたので旧い友人と20分は会えた。そのチャンスすらなかったら馬鹿げたことになっていただろうね。気分は上々だしビッグゲームだ。自分のチームが関わっている。クールだね」

試合に向けては親友が相手でも全力で勝利を狙っていくと話したクロップ監督。ファーストレグ先勝なるか。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top