広島、延長10回に突き放して逆転勝利…丸が決勝打 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

広島、延長10回に突き放して逆転勝利…丸が決勝打

スポーツ 短信

野球 イメージ
  • 野球 イメージ
広島は4月9日、甲子園球場で阪神と対戦。苦しい試合展開ながらも終盤に追いつき、延長戦で勝ち越しに成功。6-2で勝利した。

広島は2点ビハインドで迎えた8回表、走者をためると、丸佳浩外野手の内野ゴロに間に1点を返す。続くルナ内野手が適時打を放って同点とした。試合は延長戦に突入して迎えた10回表、広島は1死一塁の場面で丸が適時打を放って勝ち越しに成功。その後もルナの適時打などで加点し、一挙に4点を奪って試合を決めた。

これに対して、「丸とルナがよく打ってくれた!今日は負けゲームかと見ていたけど、まさかの逆転!最高!」「甲子園でこの勝ち方は嬉しい。粘り勝ち!ナイスゲームだ」「打線がいい感じになってきているし、黒田のゲームで負けなくて良かった」など、ファンからはさまざまな声が寄せられていた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top