楽天の助っ人ゴームズ、来日初の猛打賞…ファンも期待 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

楽天の助っ人ゴームズ、来日初の猛打賞…ファンも期待

スポーツ 選手

ジョニー・ゴームズ 参考画像
  • ジョニー・ゴームズ 参考画像
楽天は3月30日にQVCマリンスタジアムでロッテと対戦し、美馬学投手のプロ初完封もあり5-0で勝利した。新加入のジョニー・ゴームズ外野手は決勝打を含む3安打、来日初の猛打賞を記録している。

2013年にボストン・レッドソックスで上原浩治、田澤純一らと世界一を経験したゴームズ。昨季もカンザスシティ・ロイヤルズでワールドシリーズを制した優勝請負人だ。

今江敏晃を一塁に置いた四回、二木康太の変化球をとらえた当たりはフェンス直撃の先制適時二塁打。六回にも藤岡貴裕からヒットを放つと、八回に再び二塁打を放ち、この日は4打数3安打、1打点の活躍だった。

キャンプ途中からの加入でまだ日米の投手の違いに戸惑っているが、それでも徐々に適応を見せてきているゴームズ。メジャー通算162本塁打の助っ人にファンからは、「ジョニーの調子が上がってきた。これからが楽しみ」「やっぱ助っ人が活躍すると打線は活発化するね」「レッドソックスのゴームズが日本にいるの不思議な感じ」「ゴームズは下位に定着したほうが相手としては嫌だろうな」などの声が寄せられている。

楽天が球団初の日本一を達成した2013年、アンドリュー・ジョーンズ、ケーシー・マギーの助っ人コンビが打線を引っ張り、得点力を大幅に向上させた。ゼラス・ウィーラーとのコンビでその再現なるか。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top