【やってみた】パラグライダートーイング…老若男女楽しめる冬のアクティビティ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【やってみた】パラグライダートーイング…老若男女楽しめる冬のアクティビティ

オピニオン コラム

【やってみた】パラグライダートーイング…老若男女楽しめる冬のアクティビティ
  • 【やってみた】パラグライダートーイング…老若男女楽しめる冬のアクティビティ
  • 【やってみた】パラグライダートーイング…老若男女楽しめる冬のアクティビティ
  • 【やってみた】パラグライダートーイング…老若男女楽しめる冬のアクティビティ
  • 【やってみた】パラグライダートーイング…老若男女楽しめる冬のアクティビティ
  • 【やってみた】パラグライダートーイング…老若男女楽しめる冬のアクティビティ
  • 【やってみた】パラグライダートーイング…老若男女楽しめる冬のアクティビティ
  • 【やってみた】パラグライダートーイング…老若男女楽しめる冬のアクティビティ
  • パラグライダートーイングを引っ張るウインチです
世の中には多くのアクティビティがあります。【やってみた】シリーズでは、さまざまなアクティビティにCYCLE編集部のオビナタが挑戦、実際に体験します。

オビナタは今回、白馬観光開発が運営する長野県白馬村のつがいけ高原スキー場に出動しました。ここでは1月から「パラグライダートーイング」というアクティビティを提供しているという噂を耳に入れたからです。白馬村にレッツゴー!

■パラグライダートーイングって何ですか?

それは一体なんぞや…。気になったら体験あるのみです。今回教えてくれたのは日本パラグライダー協会で理事を務める前掘善斗さん。パラグライダーのワールドカップにも出場経験があるそうです。スゴい。

オビナタ「パラグライダートーイングって何ですか?」

前掘さん「スキー板をつけたままゲレンデ上を滑空できる、パラグライダーアクティビティです。スキー板、パラシュートをつけた状態で、安全ベルトで身体を固定します。腹部につけたロープをウインチと呼ばれる巻き上げ機でトーイングする(引っ張る)ことによって、次第に体が浮いていきます」

オビナタ「スキーは中学生の頃に行ったスキー教室以来ですが、大丈夫ですか?」

前堀さん「ある程度できる人の方が着地の際に転んだりしないというだけで、特に問題はありませんよ!」

オビナタ「転ぶのは大好物です!(笑)」

■いざ、大空へ!

さっそく飛んでみることにしました。パイロットと2人乗りで飛んでいくタンデムフライトと、1人乗り浮遊体験の2種類から選べます。2人乗りの方が高く飛べると聞いて、タンデムフライトに挑戦することにしました。

斜面の一番下で、パラシュートをセット。体が引っ張られたらスキー板を平行にして、抵抗のかからない状態にします。すると、重力に反して雪上を上がったと思ったのもつかの間、体がフワッと浮き上がりました!


あ、浮いた!



飛んでる!



気持ちいい~!

本当にのんびりと、ゆるやかに浮かび上がります。ジェットコースターなどで高い位置から真っ逆さまに落ちていく時、下腹部に訪れる独特の浮遊感がありますよね?

あの浮遊感とは少し異なる浮かび上がり方でした。絶叫系を期待して挑戦すると、少し拍子抜けするかも。

しかし、景色が綺麗!北アルプスの白銀の山々が遠くまで見渡せます。雲ひとつない透き通った青空のもとで、雪の白さが一層映えます。

ゆったりと辺りを見渡す余裕があって最高でした。本当に安定して飛べるんです。それに風が冷たくて気持ちいい!

地上を見下ろすとリフトがはるか下に。リフトに乗っている時ですら結構な高さを感じたのに…。およそ30~40mの高さをタンデムフライトでは体験できます(1人乗り浮遊体験の場合はもう少し低め)。

上空映像は少し分かりにくいのですが、こんな感じで楽しむことができました。

●上空映像


●地上映像

パラグライダートーイングをやってみた!

CYCLEさんの投稿 2016年3月8日


雪上に降り立ったときの感覚も忘れられません。着地したら時間差でパラシュートがフワリと落ちてくる様子を見届けると、「やりきった!」という達成感と充実感に包まれました。

このパラグライダートーイングは「初級者から上級者、ファミリーまで楽しめる」とのことで、下は小学1年生の男の子、上は84歳のおばあちゃんまで挑戦したことがあるそうです。

「パラグライダーというと、エクストリームスポーツのような、危険なことをするのが好きな人たちのスポーツとして考えられがちですが、そんなことはないです。安全に、周りの景色をゆったりと楽しむことができるんです」

地上に降り立った僕に前掘さんが教えてくれました。老若男女、誰でも空の旅にチャレンジできます。

●パラグライダートーイングの参加費用(保険料込み)
・タンデムフライト(2人乗り):リフト券購入者5000円、未購入者6000円
・1人乗り浮遊体験:リフト券購入者2000円、未購入者3000円

ちなみに白馬村へのアクセスですが、JR東京駅から新幹線を利用して、長野駅から特急バスに乗り継いだ場合は片道約3時間弱で到着します。僕も日帰りで行ってきました。思っていたよりも近かったです。

白馬観光開発のスタッフさんは、「遠いって思われているのも残念なんです。本当はすごく近いのに…」とこぼしていました。

スキー、スノーボードだけではなく、ゲレンデで様々な楽しみを味わえるスキー場にしたいと考えている白馬ならではの取り組みです。白馬に遊びに行った際は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

パラグライダートーイングの開催は3月31日まで(降雪および風の状況により変更の可能性あり)。

栂池高原スキー場で開催してます。スキー場上から眺める新しい体験です!

パラグライダートーイング&トーイングアミューズメントさんの投稿 2016年2月23日



《大日方航》

編集部おすすめの記事

page top