ローマの象徴フランチェスコ・トッティ、去就に対戦相手も注目 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ローマの象徴フランチェスコ・トッティ、去就に対戦相手も注目

スポーツ 選手

フランチェスコ・トッティ 参考画像(2015年9月12日)
  • フランチェスコ・トッティ 参考画像(2015年9月12日)
  • フランチェスコ・トッティ 参考画像(2015年9月20日)
3月8日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦、レアル・マドリード(スペイン)はセカンドレグで本拠地にローマ(イタリア)を迎える。

前日会見に出席したレアルのジネディーヌ・ジダン監督は、ローマのフランチェスコ・トッティについて「彼は偉大なサッカー選手だ」と話した。

現在39歳のトッティは、今季でローマとの契約が満了を迎える。本人は現役続行を望んでいるが、ルチアーノ・スパレッティ監督の下で出場機会を得られておらず、控え目に言っても両者の関係は良くない。現役を続けるにしてもローマでは難しいだろうというのが大方の見方だ。

対戦相手でもあるジダン監督は、「トッティは偉大なサッカー選手だ。長いキャリアを歩んできたが、まだチームに多くのことをもたらせる」と話している。

一方でレアルの元幹部ホルヘ・バルダーノ氏は、「トッティがローマのレジェンドであることは間違いない。彼はクラブの歴史でトップに来る選手だ」と業績を称えたうえで、「しかし9月で40歳になる。そのことを認めなければならない」と話し、どんな名選手にも終わりの時は訪れると助言した。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top