カブス・川崎宗則、オープン戦初戦で先発出場 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

カブス・川崎宗則、オープン戦初戦で先発出場

スポーツ 短信

川崎宗則 参考画像(2016年2月29日)
  • 川崎宗則 参考画像(2016年2月29日)
  • 川崎宗則 参考画像(2016年2月24日)
シカゴ・カブスの川崎宗則内野手は3月3日、ミルウォーキー・ブルワーズとのオープン戦に9番・遊撃手で先発出場し、2打数無安打だった。

慣れ親しんだトロントを離れ、今季からカブスの一員になった川崎。オープン戦初戦でさっそくスタメン起用された。開幕ロースター入りにアピールしたいところだったが、三回に回ってきた第1打席はセカンドゴロ、五回の第2打席も初球を打ってサードゴロだった。

試合も初回に1点を先制されたカブスが、三回にも追加点を許し1-2で敗れた。

川崎の先発出場にファンからは、「1安打欲しかったが仕方ない。次に期待!」「川崎はどこへ行っても生き生きしてるな。野球を楽しんでる気がする」などの声が寄せられている。

今季も始まったオープン戦。開幕の足音が近づいてきたことに、「スコアは問題ではない。野球の季節が戻ってきたことがうれしい」「今年はカブスが優勝できますように」「野球の季節が始まった。今年こそ勝とう」「10月には笑顔でいられるといいな」と喜びの声も聞かれた。

Our Cactus League slate didn't start the way we hoped, but hey, baseball is back! #LetsGo

Posted by Chicago Cubs on 2016年3月3日
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top