バルセロナのエンリケ監督、リーガ独走も「集中を欠けば簡単に追いつかれる」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

バルセロナのエンリケ監督、リーガ独走も「集中を欠けば簡単に追いつかれる」

スポーツ 短信

バルセロナのルイス・エンリケ監督 参考画像(2016年2月22日)
  • バルセロナのルイス・エンリケ監督 参考画像(2016年2月22日)
リーガ・エスパニョーラ第27節、首位のバルセロナは3月3日に敵地でラージョ・バジェカーノ戦を行う。2015年10月以来負けていないバルセロナは、この試合に公式戦35試合無敗のスペイン記録がかかっている。

16位ラージョとの試合に、大方はバルセロナの勝利を予想する。だが、チームを率いるルイス・エンリケ監督は、この試合は簡単なものにならないと会見で話した。

「ホームでもアウェーでも、ラージョ戦が簡単な試合になるとは思わない。彼らはパコ・ヘメス監督がチームを率いて以来、素晴らしいサッカーを続けている。タフな試合になるだろう」

リーガで独走してるバルセロナだが、エンリケ監督は気を抜けばすぐに追いつかれてしまうと2位以下の追撃を警戒した。

「いつも通り、一定のプレッシャーを掛けられている。勝者が勝ち点3を得るシステムでは、集中を欠けば高い代償を支払うことになる。簡単にライバルに追いつかれてしまうよ」

戦うたびに各チームのバルセロナ対策が徹底されていくと話すエンリケ監督。今回も激しい抵抗が予想されるが、果たして1988-89年シーズンにレアル・マドリードが作った無敗記録を更新できるか。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top