バルセロナ、敵地でアーセナルに勝利…MSNがゴールをこじ開ける | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

バルセロナ、敵地でアーセナルに勝利…MSNがゴールをこじ開ける

スポーツ 短信

バルセロナ、敵地でアーセナルに勝利(2016年2月23日)
  • バルセロナ、敵地でアーセナルに勝利(2016年2月23日)
  • リオネル・メッシ 参考画像(2016年2月23日)
UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグ、バルセロナ(スペイン)は敵地でアーセナル(イングランド)と対戦し2-0で勝利を収めた。

アーセナルは前半からコンパクトで規律あふれる守備を見せる。バルセロナはリオネル・メッシ、アンドレス・イニエスタ、イヴァン・ラキティッチを中心に、突破口を見出そうとするが決定的なチャンスは作れない。

カウンターからアーセナルが相手ゴールに迫り、何度も先制点のチャンスが訪れた。しかし、フィニッシュで精度を欠き、両チーム無得点で前半を折り返す。

後半に入るとアーセナルの守備にも乱れが見え始める。試合は激しい展開になり、この隙をバルセロナの『MSN』が見逃さなかった。まずは自陣でネイマールがボールを収めると、ルイス・スアレスとのパス交換で攻め上がる。そしてメッシにラストパス。メッシはアーセナルのGKペトル・チェフを軽くいなし、先制ゴールを決めた。さらに後半38分にはメッシがPKを獲得、自ら決めて差を2点に広げた。

チェフとの対戦では過去6試合ゴールがなかったメッシ。CL初戦という大舞台で悪いジンクスを自ら断ち切った。

ファーストレグを終えてサッカーファンからは、「バルサ強すぎだろ。ホームで0-2はアーセナル、セカンドレグに望みなしだな」「アーセナルが弱いんじゃない。バルセロナが強すぎるんだ」「何でアーセナルは毎回、トーナメント1回戦でバルサやバイエルンと当たるんだよ」「ポゼッションとカウンターのトップクラスのせめぎ合いだった」「追い詰められたアーセナルは強い。セカンドレグの追い上げに期待しよう」などの声が寄せられている。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top