アーセナルのダニー・ウェルベック、10カ月ぶり復帰戦で決勝弾 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アーセナルのダニー・ウェルベック、10カ月ぶり復帰戦で決勝弾

スポーツ 短信

ダニー・ウェルベック 参考画像(2016年2月14日)
  • ダニー・ウェルベック 参考画像(2016年2月14日)
  • ダニー・ウェルベック 参考画像(2016年2月14日)
2月14日に行われたイングランド・プレミアリーグ第26節、アーセナルは日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティと対戦し、ホームで2-1の勝利を収めた。この結果により3位アーセナルと、首位レスターの勝ち点差は2に縮まっている。

前半45分にジェイミー・ヴァーディのゴールで先制されたアーセナル。追いつけないまま後半も10分を迎えようとしたときだった。レスターのダニー・シンプソンが2枚目のイエローで退場。ここから試合の流れが一気にアーセナルへ傾く。

レスターのクラウディオ・ラニエリ監督はリヤド・マフレズに替え、マルチン・ヴァシレフスキを投入する。残り約30分間、ひとり少ない状態で守り抜き、最低でも引き分けで終えようという狙いが見えた。直後の同13分には岡崎もベンチに退く。

アーセナルのアーセン・ベンゲル監督も同16分に動く。まずはスピード自慢のテオ・ウォルコットを投入。そのウォルコットが期待に応え同25分に同点ゴールを決めた。畳み掛けたいアーセナルは同38分、ダニー・ウェルベックで勝負をかけた。

2015年4月の負傷以来、およそ10カ月ぶりのピッチに立ったウェルベック。彼が魅せたのはアディショナルタイム4分も過ぎた、同50分だった。メスト・エジルのFKにゴール前、頭で合わせたボールがゴールネットを揺らす。劇的な決勝弾に大喜びのウェルベックは、満員のファンが待つスタンドへ飛び込んだ。

復帰戦で大仕事をやってのけたウェルベックに、「彼をベンチに入れようと決断したのは昨日のことだった。この2日間、練習で納得できるものを見せてくれた。前日会見のときはまだ、起用は来週にしようと思っていた。だが最後の2日間とても力強く、メンバーに入れる決断をした。素晴らしい決断になったのは、彼が素晴らしい選手だからだ」と、ベンゲル監督も称賛を惜しまなかった。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top