ヒザ手術のロジャー・フェデラー、3月の大会を欠場「1年は長い」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ヒザ手術のロジャー・フェデラー、3月の大会を欠場「1年は長い」

スポーツ 選手

ロジャー・フェデラー 参考画像(2016年1月26日)
  • ロジャー・フェデラー 参考画像(2016年1月26日)
男子テニスの世界ランク3位ロジャー・フェデラーが2月27日、自身のフェイスブックを更新し、3月のインディアン・ウェルズは欠場することに決めたと発表した。

半月板の関節鏡手術を受け、現在は復帰に向けたトレーニングを行っているフェデラー。フェイスブックでは練習中の動画に、「リハビリはとてもうまくいっている。今はコートやジムで練習しているよ」とのメッセージが添えられていた。

一方で「1年は長いので復帰を焦りたくない。インディアン・ウェルズでの素晴らしい大会には間に合わないけれど、来年はプレーしたい。今はチームと話し合った結果、モンテカルロへ出場することにした。応援ありがとう。近いうちツアーで会おう」というコメントもあり、当初の予定より復帰時期を遅らせる慎重策が発表された。

フェデラーの決断にファンからは「早く良くなって戻ってきてくれ。テニスが君を必要としているんだ!」「残念だが賢い選択だと思う。多くの選手が復帰を焦り、過ちを犯しているからね」「さすがに1ヶ月での復帰はリスクが高いと判断したんだろう」「普通なら引退していてもおかしくない年齢なのに、来年もやる気満々だな」「ヒザって手術したらすぐ元通りとはいかないんだよね。今シーズンは痛みや違和感を抱えながらのプレーになると思う」など、後押しする声が寄せられている。

The Rehab for my knee is going really well! I have now had a lot of great practices on the court and in the gym. As it...

Posted by Roger Federer on 2016年2月26日
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top