イチロー「日本だけでピート・ローズの記録を作るのが一番すごい」会見 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

イチロー「日本だけでピート・ローズの記録を作るのが一番すごい」会見

スポーツ 選手

イチロー、4257本目の安打を放つ(c)Getty Images
  • イチロー、4257本目の安打を放つ(c)Getty Images
イチローが快挙を成し遂げた。ピート・ローズの持つメジャー歴代最多安打記録を塗り替え、日米通算4257安打を達成した。

会見で、この数字について意識をしていないと語るイチロー。球史に残る偉業達成もただの通過点にすぎない。

***

僕にとって記録というよりも
チームメートだったりファンの人だったりという反応が
一番嬉しいことなので。
サンディエゴは僕にとってWBCなどでも特別な場所なのですが
すごくいい空気の中でいい反応をしてくれてすごく幸せでした。

ーーー若手選手はイチローと野球できていることで、学ぶことも多いと聞きます。イチロー選手が引退するまでに彼らに残したいこと、伝えたいことは。

いや、彼らが辞めるときくらいまで
僕もやってたいと思いますけど。
1本目が5フィートの内野安打だったので
2本目は綺麗に打ちたいと思っていてホッとしました。
やったーというよりも、良かったという感じ。

ーーー日本とアメリカでの数字ですが、これを比べると。

比べられないですね。
日本とアメリカの合わせた記録と、
アメリカだけの3000本というのは。
純粋な比較はできないですし、
人に決めてもらう以外にないと思っているので。
決めて貰えばそれで嬉しいですし。
3000というのはわかりやすいし、
もちろん大きな目標ではあります。

ーーーイチロー選手がアメリカの野球に与えたインパクトは?

それは人が決めてください。
僕にはわからないです。
僕はこんなことやったって自分自身で言ってたら、
本当にバカですから。

ーーートニー・グウィンとのつながり、思いはありますか。(トニー・グウィン:通算打率.338、通算3141安打。2014年6月16日没)

トニー・グウィンとのことについては
運命というか、
計算してできることではないので。
トニー・グウィンと僕は
そんなに深い仲ではなかったですし、
もちろん会ったことはあり、
話をしたこともありますが、
こういうことでより深くなっていくということでしょう。

ーーーピート・ローズを超えることについては。

僕にとってはじつは大きなことではなくて
ピート・ローズご本人も
そんなに喜んでくれているわけではないと聞いているので。
それが僕にとっては大きかったですね。
このことを僕はゴールに設定したことは全くなかったですし。
一方的にピート・ローズの言葉を伝え聞くことは
何回かありましたけど、
僕の方から会ったこともなかったですし、
僕が意識したことも全くなくて
なんか変な感じでしたね。

いつかアメリカだけでピート・ローズの記録を、
例えばジーターみたいなできた人間というか
スーパースターが出てきて、
いつか抜いてあげてほしいと。

一番すごいのはきっと
日本だけでピート・ローズの記録を作ること。
ゲーム数とかの関係で、
それができたら一番すごいことだなと思います。
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top