イチローがふたり?そっくりさん登場に米国が大ウケ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

イチローがふたり?そっくりさん登場に米国が大ウケ

スポーツ 選手

Cut4のツイッターより
  • Cut4のツイッターより
  • イチロー 参考画像(2016年6月13日)
  • イチロー 参考画像(2016年6月9日)
メジャー通算3000安打、そして日米通算でのピート・ローズ超えに挑戦中のイチロー。6月13日に行われたサンディエゴ・パドレス戦でも1番・右翼手で先発出場し、4打数3安打の活躍を見せた。

レジェンドのプレーに沸いた球場だが、米国メディアは観客席にも注目している。この日は敵地ペトコ・パークでの試合だったが、スタンドにはマーリンズのユニフォームを着たファンも何人かいた。

そのなかにイチローのルーティンを真似し、完璧にコピーしている男性がいることを中継カメラが見つけたのだ。

さっそく現地メディアが男性にインタビュー。男性は日本語で、「僕はイチローの真似を11歳からやっています。完璧にコピーできるまで5年かかりました」と答えた。

この様子はメジャーリーグ公式サイト『Cut4』でも紹介された。

そっくりさんの登場にファンは、「イチローとシンクロするイチローのそっくりさん」「ニッチローじゃないのか」「モノマネが細かい。よく研究してる」「ヒット打つたびに映されてる」「試合よりそっくりさんのほうが気になり始めた」など大ウケだった。

突然現れたそっくりさんにファンからは、イチローのモノマネで知られる芸人ニッチローではないかとの声もあった。だがニッチローはブログを更新して否定、「なにローでしょうか??」と不思議がっている。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top