崩れ落ちる坂本花織の横で、中野コーチが厳しくも愛のある発言…2人の関係性が話題に | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

崩れ落ちる坂本花織の横で、中野コーチが厳しくも愛のある発言…2人の関係性が話題に

スポーツ 短信
崩れ落ちる坂本花織の横で、中野コーチが厳しくも愛のある発言…2人の関係性が話題に
  • 崩れ落ちる坂本花織の横で、中野コーチが厳しくも愛のある発言…2人の関係性が話題に

紀平梨花選手の逆転優勝で幕を閉じた四大陸選手権女子シングル。

三原舞依選手は3位、ショートプログラムで2位につけていた坂本花織選手は惜しくも4位という結果に終わり、大会連覇とはならなかった。

3位の三原選手と4位の坂本選手の点差はわずかに0.33ポイント。さらに2位のエリザベート・トゥルシンバエワ選手と3位の三原選手の差も0.34ポイントと、2~4位は紙一重の戦いだったことが分かる。

三原舞依と坂本花織の関係性

そんな熱い戦いを見せた三原選手と坂本選手だが、2人には特別な関係性がある。

1999年8月生まれの三原選手と、2000年4月生まれの坂本選手は学年で言えば1歳差だが、同じ「シスメックス」に所属するチームメイト。

コーチも、中野園子さんとグレアム充子さんという2人が共通して指導にあたっている、

また、インスタグラムのアカウントも「シスメックス スケートチーム | 三原舞依 & 坂本花織」という形で共同で運用されている。

 

View this post on Instagram

 

・ ・ #メダリストオンアイス2018 では、三原舞依選手、坂本花織選手へのたくさんのお手紙やギフトを本当にありがとうございました。・ ・ また、今年も残すところあと僅かとなりましたが、2018年もシスメックス スケートチームの三原舞依選手、坂本花織選手を応援してくださった皆さまに、改めて心から感謝申し上げます。 ・ 年明け以降の両選手の主な試合・アイスショーのスケジュールは以下の通りです。・ ・ ============= ◆三原舞依選手 ・1月4日~1月7日 日本学生氷上選手権大会 ・2月4日~2月10日 四大陸選手権大会 ・3月2日~3月12日 ユニバーシアード冬季競技大会 ・ ・ ◆坂本花織選手 ・1月5日 名古屋フィギュアスケートフェスティバル ・2月4日~2月10日 四大陸選手権大会 ・3月18日〜3月24日 世界選手権大会 ============== ・ ・ 来年も引き続き、両選手へのあたたかいご声援のほど どうぞよろしくお願いいたします。・ ・ 少し早いですが、皆さまよいお年をお迎えください。 ・ ・ #シスメックス_フィギュアスケートチーム #シスメックス #三原舞依 #坂本花織 #フィギュアスケート #フィギュアスケーター #sysmex_figureskatingteam #maimihara #kaorisakamoto #figureskating #figureskater #medalistonice2018

シスメックス スケートチーム | 三原舞依 & 坂本花織さん(@sysmex_figureskatingteam)がシェアした投稿 –

四大陸選手権では表彰台をかけた戦いを繰り広げる

ショートプログラムで8位につけていた三原選手は、フリーの演技を全体の16番目(22人中)で滑走。自己最高得点となる141.97点を叩き出し、暫定でトップに立った。

(c)Getty Images

続くカザフスタンのトゥルシンバエワ選手が総合得点で三原選手をわずかに上回り、三原選手は2位に後退。

19番滑走の紀平選手がそれをさらに上回る点数を叩き出したことにより、ショートプログラム上位3選手を残して、三原選手は表彰台ギリギリの3位につけた。

ショートプログラム3位のマライア・ベル選手、1位のブラディー・テネル選手はどちらも三原選手の得点を上回れず、残すは最終滑走の坂本選手のみに。

同じコーチに師事する2人が表彰台をかけて争うこととなった。

結果発表後のコーチの発言が話題に

坂本選手は前年覇者としてのプレッシャーからか、いつも通りの演技ができない。中盤のジャンプでミスが目立ち、本領を発揮できないまま演技を終えて、コーチの2人とともにキスクラ(*)で結果発表を待った。

点数が発表され、4位が確定した坂本選手は、悔しさからかその場で崩れ落ちる。

しかし、コーチは「舞依ちゃん残ってるやん!すごーい」と平然と言い放ったため、この2人の関係性がファンの間で話題になっている。

中野コーチは坂本選手の能力の高さを認めているからこそ、時に厳しい言葉を投げかけているという。

坂本選手も中野コーチのことを「お母さんみたいな感じ」と信頼を寄せているからこそ、成り立っている関係だろう。

(c)Getty Images

*「キスアンドクライ」と呼ばれる、コーチともに結果発表を待つ場所のこと。いい点数が出ればキスをして、悪い点数が出れば泣く(クライ)という意味からそう呼ばれている

《SPREAD》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top