巨人・坂本勇人、紅白戦でチーム初本塁打「試していることができた」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

巨人・坂本勇人、紅白戦でチーム初本塁打「試していることができた」

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
巨人の坂本勇人内野手が2月14日、キャンプ最終日の紅白戦でチーム初本塁打を放った。

白組の3番・遊撃で先発した坂本は、3回の第2打席で高木勇投手のスライダーを振り抜くと、左翼中段まで運んだ。「試していることができた」と話すなど、これまでキャンプで取り組んでいる新打法に一定の成果を感じていた。

坂本は、より一層力強い打球を飛ばせるように、右足にためを作りながら打つ形を繰り返し練習している。

これに対して、「坂本はもちろん、長野にも頑張ってほしいね。ふたりとも去年の成績は寂しいものだった」「坂本は打率を上げて確実性を上げてほしい。本塁打はその延長」「どこを打たせるか悩む選手だよね。1番タイプでもないし、4番でもない。やっぱり3番あたりなのかな」など、ファンからはさまざまな声が寄せられていた。

高橋由伸監督の描く布陣の中心には坂本がいる。巨人の覇権奪回のためには坂本の活躍は不可欠だろう。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top